【FULL POWER – 科学が証明した自分を変える最強戦略】ベンジャミン・ハーディ(著)|ブックレビュー

FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略

多くの自己啓発書には、成長や成功には「高い目標を持つこと」「夢を紙に書くこと」が不可欠と書かれていますが、本書ではそのような「意志の力」真っ向から否定しています。

「意志の力などまったく役に立たない」と。

実は、僕もこれまでの経験から、薄々感じてきたことでしたので、冒頭からグッと引き込まれました。

で、強く共感してついFBにも(笑)

自分を変えたい、成長したいなら、環境を変えることが最短の道であると、著者は言います。

「環境を変える」というと、引っ越し?転職?ってことになりますよね。でもそれって、なかなか実行しづらいです。確かに引っ越しや転職も有効であるけども、もっと効果的な実践方法を紹介しています。

装丁のデザインからして、難解な内容かと思っていましたが、回りくどい箇所はなくスイスイと読めます。だいたい3~4時間くらいで読了できますよ。

若干、精神論に走る箇所もみられますが、いずれも身近な手法で「自分を変えるための戦略」が語られており、いずれもこれまでの自己啓発書にはなかった切り口が多く、僕は結構フィットすることが多かったです。

以下、特に強く共感したものです。

・週1でデジタル断ち

・至高の状態を自分でデザインする

・本当の成長はしっかり休息をとることで熟成される(筋トレと同じ)

・最高の休息のための強ストレスを自分に課す

・集中すべき作業の時にはアンビエントなどの同じ曲をずっとループさせる

・幸せは常に動いている人の元にやってくる

人生の指針やメンターとなるような高尚な本ではないし、読み継がれるような名著でもない。

しかし、何かちょっと迷った時、困った時に、さりげなく助け舟を出してくれる親友のような本になりそう。

何度も読み返して、ボロボロになってるけどすぐ手に届くところにあるような。

こんな人におすすめ。

・速攻で目に見える変化を求めている

・目標をメモ帳に書いたけど一向に実現しない

・幸運を待っているのではなく自ら取りにいきたい

・守るべきものがある

カジュアルでパワフルな提言が満載。
スマートに成長し「魅男(びだん)」になる。当ブログのポリシーにぴったり1冊でした。

AKI yoshida
”センス”は限られた人が与えられた才能ではなく、単なるデータの集積。インプット&アウトプットの繰り返しで誰でもセンス良くなれます。キャリア20年の元セレクトショップのオーナーバイヤー。年間ダウンロード数8,000曲を超える重度のSpotify中毒者。ネコ好き。これまでケガした野良や施設から保護してきたネコは4ニャン。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA